大学生・院生・専門の学生に向けたインターンシップ情報

株式会社ベッセル

【ホテル業】

この企業のインターン&会社見学に応募する
  • インターンシップの受け入れ:あり
  • 大学生アルバイトの受け入れ:あり

世界を目指せ! 福山で生きろ!
チャレンジ・独創性・地域貢献を柱にグローバルとローカルの両舞台で活躍

地域貢献と同時に目指すのは
ホテル業を主軸にした世界展開

 創業から95年。長い時を経てきた『(株)ベッセル』が目指すのは、100年、200年と地元地域に愛され続ける会社。大正に生まれ、昭和に育ち、平成で飛躍的に事業を拡大。迎えた令和の時代に描く夢は、世界進出だ。

 経営理念に掲げるキーワードは「チャレンジ」「独創性」「地域貢献」の3つ。ホテル業や印刷業、フランチャイズでの飲食業、不動産業など時代の流れに応じて幅広く事業を展開してきたが、主業としているのはホテル業。

 備後の迎賓館としての役割を担う『福山ニューキャッスルホテル』を旗艦ホテルとし、全国にオリジナルブランドの『ベッセルホテルズ』を現在22店舗展開中。2020年には30店舗までに拡大する予定で、その中には海外への出店計画もある。

 グローバルとローカル、両方の舞台で活躍できるのが同社の特徴といえる。また、世界への想いを強めるほど、地元に対する想いを大切にしている『(株)ベッセル』。

 毎月7の付く日には「わがまちきれい運動」を展開中。社員一人一人が自主的に参加し、ゴミ拾いなどの清掃活動できれいなまちづくりに貢献している。この活動は地元福山のみならず、全国に展開するベッセルグループの社員全員が参加し、2008年の運動開始からの延べ人数は、8万2千人を超える。

 このまちを盛り上げ、今よりももっと元気にしていくことが、地域とともに生きてきた同社の使命であり夢だ。

従業員の新たなチャレンジを
会社全体でバックアップ

 経営理念に掲げる通り、「チャレンジ」に対する想いはとても強く、社内には誰でも挑戦できる環境が整えられるとともに、従業員のチャレンジ内容を最大限に評価。その一つが「カイゼン活動」だ。

 まず、この活動は「カイゼン提案制度」と「グループカイゼン制度」の2つに分かれる。カイゼン提案制度とは、従業員一人一人が自分のやりたいことを自由に提案し、カタチにできる提案制度。「こんなことができたらいいな」「こんなものがあったらいいな」という従業員の想いを、会社は受け入れ、後押しする。しかも、その提案1件1件にインセンティブ(報奨金)が与えられることで、従業員のモチベーションアップにも一役買っている。「失敗はいくらでもすれば良い。失敗を恐れて実行しないより、失敗する方が良い」というのが同社の考え方。

 また、グループカイゼン制度とは、従業員同士が小集団グループを結成して取り組む1年単位の活動。それぞれが抱えている諸問題に真っ向から向き合い、主要因を突き詰めて解決していく。

 全体で50以上のグループが、年度末にそれぞれの活動をプレゼン形式で報告をする発表会があり、これにもインセンティブが与えられる。

 なんと社内で最優秀賞に輝いたグループには、現金100万円を贈呈。全社・全グループ・全従業員が、最優秀賞を目指して本気で活動していることは想像に難くない。

描いた夢を叶えるため
さぁ、共に歩きだそう!

 同社が求める人物像はズバリ、「人の喜びを自分の喜びとして捉えることのできる人」。具体的には、真面目で謙虚な人、自ら考え新たなステージにチャレンジできる人、人のことが好きな人。採用時の大きなポイントとして見ているのはこの3つである。人のために動くことができ、イマジネーションを持って新たなことを生み出し、それを形にしていく。サービスにはもちろんマニュアルがあるが、マニュアルはあくまで一般論であり、必ずしもすべてのお客さまに喜びを与えるものではない。その人の立場になって考えることが必要であり、その積み重ねが人の成長につながる。こうした考えを基に、人材育成の一環として注力しているのが、フォローアップ研修だ。入社時の新入社員研修に始まり、入社6ヶ月、1年、2年、3年…と、同期のスタッフを集めた研修を実施。それだけでなく、ハウツー型やコーチング型、自己改革型など、社歴や職位に合わせて多くの階層別研修も導入している。

 『(株)ベッセル』のスタッフは、大きな夢に向かって挑戦することを決して忘れてはいけない。同時に、目の前にある苦労も努力も、全てはお客さまの笑顔のためにあることを忘れてはいけない。失敗を恐れずやりたいことにどんどん挑戦できる環境が整えられおり、熱意さえあれば、自分を成長させてくれるステージがこの会社にはいくらでもある。描いた理想や将来像を叶えるため、夢の第一歩を踏み出そう!


先輩社員の皆さんに、一問一答

 

福山ニューキャッスルホテル
宴会部宴会課 チーフ

平元 貴博さん

Qこの会社の魅力は?

A福山ニューキャッスルホテルの特徴の1つは、地域とのつながりの深さ。
ホテルのご利用も地元企業さまの割合が大半で、まさに地域の皆さまとのつながりで成り立っているホテルといえます。
営業として、常にホテルの代表であるという自覚を持ってお客様と接していますが、若輩者の私でも優しく受け入れていただける皆さまの温かさは、愛されているホテルならではの魅力だと思います。
だからその期待には絶対に応えていきます。


 

福山ニューキャッスルホテル
婚礼部ブライダル課

赤木 まな美さん

Qブライダルの仕事をしていて、一番うれしいことは?

Aうれしいことはたくさんありますが、私がご提案したプランとお客さまのご要望がピタリと当てはまった瞬間の喜びは格別ですね。
お客さまのお話を聴き、深く考えながら、そのピタリと当てはまるポイントを探っていくイメージで打ち合わせを進めます。
プランナー同士でも積極的に情報共有しており、その積み重ねが新しいご提案を生み出します。そうしてカタチにした結婚式や披露宴の後には、ほかでは味わえない達成感が待っています。


 

福山ニューキャッスルホテル
宴会部宴会課

仲山 友望さん

Qこれがあるからやめられない!
というポイントはありますか?

A私が入社する前からご利用いただいている常連さまが、ご家族のお祝いの席を初めてホテルで開催してみたい、と私に相談してくださいました。
プレッシャーを感じながらも細かくご希望をお伺いし、お料理内容やプランなどをご提案したところ「まずあなたに相談してから考えようと思っていたけど、やっぱり相談してみて良かった」とのお言葉。
一瞬で世界が明るくなり、気持ちも晴れやかに!
それ以来、この感覚が病みつきになりました。


 

ベッセルホテル石垣島
副支配人

黒田 雄介さん

Qあなたの仕事を一言で表すと?

A 「お客さまに喜びと感動を与えること」です。言葉で表すのは簡単ですが、容易なことではありません。
うまくいくことばかりではないので、自分と向き合い、試行錯誤を繰り返していくことが大切です。
お客さまは他人かもしれません。
でも、知らない誰かの心を自分の力で動かすことができたとしたら、それはとても素敵なことだと思いませんか?
人の感動の瞬間に立ち会うことができる仕事、それがホテルの仕事だと考えています。


 

ベッセルホテルカンパーナ沖縄
予約部

藤原 光一さん

Q 「これが今の私の仕事」と誇れることはありますか?

A未来の支配人候補として入社して1年。
私が所属する予約部は、お客さまのご滞在がより良いものになるよう、フロントスタッフがより良い接客を行えるよう準備を行う部署です。
ホテルの仕事は絶対に1人ではできません。
スタッフ同士の助け合いや連携が最も重要なポイント。
すべてのお客さまに対し、ホテルが総力を結集しておもてなしできるよう、日々あらゆる角度から考えることが支配人への道につながると信じてがんばっています。


 

福山ニューキャッスルホテル
和食調理部宴会和食調理課 立板(副料理長)

小椋 美智夫さん

Q 「座右の銘」は何ですか?

Aお客さまが「おいしかったよ。また来るね」と言って笑顔で帰られる。
月並みですが、やっぱりこの瞬間に一番やりがいを感じます。
自分の作った料理に喜んでいただけて、しかもお礼まで言ってくださる。本当にいい仕事だと思います。
料理人の世界は大変で苦労もしますが、努力は決して裏切らない世界でもあります。
「やらずに後悔するなら、やって後悔しろ」を座右の銘に、自分に厳しく和食の真髄を極めていきたいです。


 

ベッセルイン栄駅前
副支配人

田島 真央さん

Qこの会社だからできたことってありますか?

A入社して1年経った頃。
仕事にも慣れ、先輩・同期とも関係良好でとても楽しかったのですが、もっといろんなことにチャレンジしたいと思っていたときに、副支配人として新店舗の立ち上げに携われる機会に恵まれました。
当社では副支配人は公募制。やる気がある人には平等にチャンスがあります。
思い切って立候補し、まさかの抜擢。
新しい環境で新たな業務を覚え、やりたいことをどんどん実践させてもらえるのが大きなやりがいです。


 

福山ニューキャッスルホテル
料飲部 ロジェ店長

熊田 祐介さん
(日本ソムリエ協会認定ソムリエ)

Qあなたの仕事におけるミッションは何ですか?

Aお客さまは、さまざまな期待や想いを胸にホテルへいらっしゃいます。
私たちはその期待に応えることはもちろん、期待を超えたおもてなしを提供しなくてはなりません。
とはいえ、私もこれまでお褒めの言葉だけではなく、多くのお叱りもいただきました。
そのすべてが糧となり、皆さまに育てていただいたおかげで今があります。
我々のミッションは、経験のすべてを活かして自分を高め、最高のおもてなしを提供することだと考えています。


 

福山ニューキャッスルホテル
料飲洋食調理課 料理長

星本 敏男さん

Q仕事をするうえで、大切にしていることは何ですか?

A私が大切にしてるのは、自分が良いと思うものを信じること。
何よりもお客さまに喜んでいただくことが一番なので、常に大切な人に食べてもらうつもりで、気持ちを込めて料理を作っています。
小さな心がけひとつで、料理のクオリティは変わります。
味付けや盛り付けなど、細かい部分にこそ気を遣い、全員で丁寧な仕事を心がけています。
「この店は美味しい」「この店は間違いない」そんな期待感や安心感も提供していきたいです。


 

福山ニューキャッスルホテル
料飲部 シャトレーヌ 副店長

岡野 悠さん

Q仕事をするうえでのやりがいは?

Aたくさんのお客さまと会話ができること。
自分が知らない多くのことを自然と勉強できること。
バーテンダーの仕事のやりがいは、そこが一番だと感じています。
普段は接することができないようなお客さまとゆっくりお話ができるのは、カウンター越しに向き合えるバーテンダーならではの貴重な時間です。
お客さま一人一人に敬意を表し、最高のひとときを過ごしていただくため、1杯のカクテルに真心を込めて全力を尽くしています。


 

福山ニューキャッスルホテル
執行役員 総支配人

萩原 直純さん

Q会社の強み・誇りはどんなことですか?

A福山ニューキャッスルホテルの一番の強みは、自分たちの仕事にゴールを決めないところ。
私が東京のホテルから転職してきた際、最初に感じたことでした。
みんなが本当に一生懸命に取り組み、いい意味でホテルサービスとはこういうものだという枠を持たず、「ここまでやれば合格点かな」という慢心もなく、常にお客さまの方向を見て努力し続ける。
私の役目は、この真摯で愚直なスタッフが自信を持って働ける環境を整えることです。


 

人事部人事課 課長

木下 秀二さん

Q採用担当者からメッセージはありますか?

A 「福山は、世界だ」。
これが当社の採用コンセプトです。
世界の中心が福山だと言っている訳ではありません。
ただ、考えてみてください。お手元のスマートフォンで世界中とつながることができるこの時代に、本社の場所は関係ありません。
今は福山からでも世界に轟くサービスや提案ができる時代です。
私たちは本気でそれをやろうと思っています。
『株式会社ベッセル』だからできることを一緒にやりましょう。
世界を目指せ、福山で生きろ。


インターン&会社見学 募集要項

職種 シティホテルスタッフ職(主にウエディングプランナー)
業務内容 ウエディングパーティーのプランニング、披露宴会場の設営、レストランサービス
給与 なし
応募資格 2021年卒業見込みの方。学部学科不問。
勤務条件 2019年8月18日(日)
勤務地 福山ニューキャッスルホテル
(広島県福山市三之丸町8-16)
備考 報酬・交通費の支給はなし。スケジュールによっては昼食の用意あり。詳細はリクナビ2021を参照

企業概要

所在地 〒720-0077 広島県福山市南本庄3-4-27
TEL(代表)/084-920-1155 FAX/084-920-1156
設立 1947年7月23日
社長 菅田 卓志
資本金 8,635万円
社員数 620人
基本給 総合職190,000円~、一般職160,000円~
休日休暇 年間100日
福利厚生 各種社会保険、資格取得報奨制度、リフレッシュ休暇制度

採用に関するお問合せ先

連絡先 人事課:木下・行本
TEL 084-920-1155
WEB https://vessel-group.co.jp/
この企業のインターン&会社見学に応募する