大学生・院生・専門の学生に向けたインターンシップ情報

株式会社クラハシ

【 水産と食品の綜合卸売商社 】

この企業のインターン&会社見学に応募する
  • インターンシップの受け入れ:あり
  • 大学生アルバイトの受け入れ:あり

SDGsを信念に、食文化を通じて健康な社会生活を
“真心”込めて応援する食品卸売商社

忙しい現代人の食卓を支え
生産者や海の環境も支える

 『クラハシ』は魚市場を軸としながらも、「より簡便性の高い加工食品を届ける」という存在意義を大切にしている企業です。
 鮮度にこだわった魚を扱うのはもちろんですが、今や魚も、加工しなければ売ることはできません。「刺身」のような生鮮品だけでなく、忙しい食卓を支える上でも、今後はほとんどが「すぐに食べられる惣菜品」に転化すると考えます。

 『クラハシ』は、こうした市場動向に応じ、総合的な提案営業を中心に、生鮮品のみならず市販・業務用冷凍食品の卸売商社業務を担っています。

 2016年7月には、国の6次産業化事業計画に認定され、沖縄県伊平屋島に『MarineLink株式会社』を設立しました。

 沖縄マグロのブランド化促進や、SDGs・エシカルなどの環境配慮の意味も込め、福山大学・有瀧真人教授と産学連携を図り、シロギスの陸上養殖をあえて水温の高い沖縄で実施。

 それにより、資源環境保護や漁業者の所得と雇用拡大、さらに地域の活性化を目指しています。

 また2018年9月には、三原市糸崎に鮮魚の備蓄配送事業のプラットフォームとして『マリンネクスト株式会社』を設立。

 時化に左右されず魚を健康に備蓄管理することで、乱獲抑制や生産者所得の安定化に寄与することを目的に運営を進めています。

 今後は、瀬戸内海を軸に「スマート水産」にも着手していきます。資源保護意識を高め、需要と供給のバランス設定により円滑な水産流通を構築できるよう、またお客さまにより良い商品の提供ができるよう努めています。

「提案型」と「開発型」の両軸で
水産業・小売業を盛り立てる

 『クラハシ』は広島県の備後地区を中心に、地域の人々に新鮮でバラエティー豊かな水産商品や冷凍食品を届ける事業を展開しています。

 「人間には無限の可能性がある」。この信念の下、当社は地域の食文化と業界の発展に貢献するため、40年 前から市場で【セリ】を撤廃しました。

 さらに時代とマーケットの動きを読み、消費者にとって有益な情報を発信する「提案型商社」と、積極的に新商品を開発する「開発型商社」の機能を強化してきましたました。その結果、現在売上の3分の2が場外(市場以外)での取引となりました。

 「提案型営業」として、仕入先・販売先と連携し、価格競争力と安心感があるブランドづくりにも着手するなど、地域家庭の食卓の演出と、水産業界・小売業界の隆盛の一端を担っています。

 一方「開発型営業」では、長年培ってきた多種多様な仕入先・販売先からの情報とノウハウを活かし、また生産者や水産メーカー、輸入業者などの仕入先と協力して新商品を開発。

 数々の冷凍食品・加工商品を世に送り出していることがその一例として挙げられます。

 また販売先である飲食店のオリジナルメニューを考案したり、中食市場の伸張を受けて惣菜開発に取り組んだりと、商社の役割から一歩踏み込んだ、付加価値の高いビジネスを展開しています。

万全の研修で新卒生も安心
育児休業取得率は100%

 ビジネスで最重要とされるのが、「コミュニケーション力」。自分の意思を伝え、相手の真意を汲み取る力がなければ、円滑なビジネス活動に支障が生じます。

 『クラハシ』では、1年を通じた目標設定を行い、上司と部下の間で密度高く状況を確認しながら相互の連携を高め、会社全体の方針浸透(理解)や部門目標の達成に繋がることを目的として目標管理制度を取り入れてます。

 入社後、約3週間は「新入社員研修」として各部署での研修があります。自身の配属先だけでなく、他部署がどのような仕事をしているかを理解してもらうためです。

 また、初めて社会に出る新卒者でも安心して社会人として活躍できるよう、新入社員研修はビジネスマナーの講習も充実しています。

 入社半年後にはフォローアップ研修が行われ、半年間の自身の成長を振り返ることができます。その後も役職別や勤続年数ごとにさまざまな研修を設けており、社員のレベルアップや自己啓発を支 援しています。

 そんな『クラハシ』の特徴は若手社員が多く、活気ある職場。有給休暇取得率も高く、女性社員の育児休業取得率は100%と働きやすい職場環境も自慢です。

 水産物専門商社の可能性にチャレンジする『クラハシ』だからこそできる、スケールの大きな仕事・豊かな社会づくり。

 そんな『クラハシ』では一緒に取り組める仲間を募集中です。ここには、あなたの無限の可能性が開花される舞台が待っています。


社員の人間力が、我が社の原動力
このエネルギーで水産流通を支えて行きます

STAFF INTERVIEW
 

森重 太雅さん

水産部 入社5年目

世界の海からお客さまのニーズに合った商品を仕入れて販売
仕入れ先との情報交換や新商品リサーチで提案力UP

 水産部では世界中で獲れる冷凍水産物を取り扱っています。仕入れ担当者がメーカーや商社から仕入れした商品を、販売担当者が量販店、問屋、加工屋、市場など各業態へ販売するのです。その中で私は冷凍の魚・貝類の仕入れと問屋への販売に関する業務を担っています。
 仕入れ先との日々の情報交換により、魚種ごとの漁獲状況や相場などを把握し先を見据えた仕入れを意識しています。またニーズに沿った提案を行えるよう、現在取り扱っている商品だけでなく新しい商品の情報を収集することも重要です。
 また販売に関しては自分が仕入れている商品だけでなく、エビやイカ、カニなど幅広い商品も取り扱っています。お客さまからの電話による問い合わせへの対応や、訪問して商品の提案を行う商談が主な業務です。
 この仕事をしていてやりがいを感じることは、自分が仕入れ、販売した商品を買ってくださったお客さまから「美味しかった」や「良かった」という言葉をいただいた時です。今後もお客さまにご満足いただけることを目標に業務へ取り組んでいきたいと思います。


STAFF INTERVIEW
 

柏木 承志さん

経営戦略室 入社2年目

食文化の未来を創造し、具現化し、実行する
目指すは水産業界のリーディングカンパニー

 クラハシは市場事業と水産加工品・冷凍食品などを扱う商社事業のふたつを柱とした「食品卸売商社」です。中四国を中心に、皆さまの食卓へ美味しい魚を届ける為、社員一同日々努力をしております。
 現在、水産資源の減少が進んでいる中、クラハシはさまざまなことにチャレンジしております。「SDGs」や「エシカル」という言葉があるように、資源を守るだけではなく、管理し、次世代に繋げていくための多様な取り組みを実施しているのです。その中で、IoTやAR、AIと言った先進的なデジタル技術を取り込むことによって、業務改善はもちろん、新たな事業にも挑戦しています。
 また水産業界だけではなく、異業種・異業界との協創によるイノベーションを生み出し、共に豊かな未来を創造し、実現・実行していきたいと思っております。今まで培った市場事業での経験や商社事業での経験をデータ化し、可視化する事により、より良いサービスを提供することで、私たちは水産業界のリーディングカンパニーを目指しております。


STAFF INTERVIEW
 

高橋 里紗子さん

食品部 入社2年目

商品の動き予測&レイアウトづくりでよりよい冷凍食品売り場を目指す

 『クラハシ』は鮮魚や水産加工品を取り扱っている会社ですが、私が所属している食品部は市販用冷凍食品を取り扱っています。私の主な業務内容は、商品の在庫管理や売り場レイアウトの作成です。
 取り扱っている商品の在庫を日々確認して発注しています。季節によって売れる商品が変化したり、特売やメディアへの露出などにより売れる数量が大きく変化したりします。どの商品がどのように動くかを、過去の実績や直近の動きから予測して発注数量を考えることが大切です。お客様の元へ商品が届かないことがあってはならないので、日々気をつけて管理しています。
 売り場レイアウトの作成では、カテゴリごとに分け、その中でも似た商品や同一メーカーなどをまとめて、お客様が買い物しやすい売り場づくりを目指しています。売り場のレイアウトが作成できたら、実際に売り場に行って売場を整備。データ上ではわからない商品のサイズやバランスなどを確認します。
 冷凍食品市場はまだ拡大途中です。もっと多くの人に冷凍食品の魅力を伝えていきたいです。


STAFF INTERVIEW
 

近藤 和弥さん

四国営業所 入社1年半目

魚が好き! 川上から川下への橋渡し。目指すはお客さまの笑顔!

 午前5時、港の桟橋に漁船が着くと、漁師さんが叫びます。「今日は真鯛が大漁じゃ」。エンジン音で声はかき消されますが、笑顔でそれと分かります。
 香川県観音寺漁港伊吹漁協では、漁協の方々がフォークリフトに乗り、魚を入れるカゴや箱を漁船まで運び入れています。
 魚は鮮度が命、時間との勝負。数十メートル先にある水槽に速やかに入れ、活魚は競りを待ちます。活魚トラックで持ち込む漁師さんもおられます。競り開始まで、漁師さんと色々な会話をしていきます。
 瀬戸内海の漁船の大半が小型船で、毎年転覆事故があります。漁師は命がけの仕事です。私の仕事はその魚を買い付け、販売する大切な責任があります。
 魚の種類やサイズによって販売先が異なり、また加工の度合いも違います。そのまま販売するものもあれば、フライ用にパン粉で加工して販売する時もあります。
 販売先の方から「今日も鮮度が良いね」「昨日のフライは美味しかったよ」。そう笑顔で言わる時には、私も嬉しくなり自然と笑顔になります。
 翌日、漁師さんに報告すると「当たり前よ」と笑顔で答えてくれました。


STAFF INTERVIEW
 

吉山 雄喜さん

広島営業所 入社6年目

お客さまは、ただの得意先ではなく“パートナー”魅力ある商品を一緒に作っていく

 入社するまで、魚自体あまり口にすることはありませんでした。大学時代から一人暮らしを続けていますが、魚を食べようとほとんど思っていませんでしたし、食べても鮭の塩焼きやサバの煮付けなど、限られたものでした。
 入社してからは、とにかくたくさんの商品を扱い、今まで知らなかった美味しい魚をたくさん知ることができました。自分の周りや地域の方々のなかにも、同じように普段魚を食べられない人が多くいると思いますが、そういった方々にも本当に美味しい商品を知ってもらいたいと思っています。
 ただ、実際に商品を販売していただくのは、パートナーである地域の量販店や飲食店の方々です。どうしたら美味しさをアピールでき、実際に食べてもらえるのか、お客さまと一緒になって商品を作っていくのが、自分の仕事です。
 そうしてできあがった商品を販売できたら、それで終わりではありません。くり返し口にしてもらえるよう改善できる部分があれば、その後も商品作りは続きます。型にはまった仕事とは言えませんが、常に新たな課題が見えてくるので、面白い仕事です。


STAFF INTERVIEW
 

根本 祥太さん

鮮魚部青物課 入社2年目

全国各地で水揚げされる魚を仕入れお客様さまへ
時代の変化に対応し、ニーズに合った魚種を提供する

 僕は魚が好きです。小さい頃から魚釣りが好きだったこともあり、この会社に入社しました。鮮魚部は深夜から朝方にかけての市場業務を行っています。
 市場業務は前日の「買付け・仕入れ」が重要な業務となっており、全国の各漁港で水揚げ情報を取ることから始まります。水揚げされた魚は各産地の漁港でセリにかけられます。その情報を毎日、産地仲買人と協力しながら電話で「買付け・仕入れ」を行っています。仕入れ・買付けした魚を翌日「検品・売り場に陳列」し、買付けに来る買参人(お客さま)に販売します。毎日さまざまな魚がさまざまな産地から入荷するため仕事に変化があり、非常にやりがいを感じています。
 また年間通して「旬の魚」のおいしい魚を味わうことができ、時期によって「魚の旬」や脂の乗りが違うことを入社して初めて気がつきました。
 現在は高級魚にあたる「色物」を担当していますが、水揚げ量も少ない魚種のため苦戦の連続です。大変な仕事ではありますが、自分で仕入れた魚をお客さまが「今日の魚よかったよ」と言ってくださることがとても嬉しく、やりがいのある仕事だと感じています。


インターン&会社見学 募集要項

職種 営業職
業務内容 魚のさばき方体験、自社取扱い商品による昼食会、グループワーク、検討内容のプレゼン、フィードバック
給与 なし
応募資格 学年学部不問。2020年、2021年卒業見込みの方はマイナビからエントリー下さい。
勤務条件 10時~16時、9時30分本社集合
勤務地 福山本社
備考 筆記用具を持参下さい。ジャンバー、長靴等はご用意します。

企業概要

所在地 〒721-0942 広島県福山市引野町1丁目1-1
TEL(代表)/084-941-3510 FAX/084-943-4219
設立 1958年9月
社長 天野 文男
資本金 1億円
社員数 153名
基本給 165,000円(2018年4月/試用期間3カ月)、175,000円(2018年7月~)
休日休暇 福山地方卸売市場カレンダー準拠、年間105日、有給休暇制度
福利厚生 健康・厚生・雇用・労災保険、日本冷凍食品厚生年金基金

採用に関するお問合せ先

連絡先 株式会社クラハシ 担当:横山
TEL 084-941-3510
WEB https://www.kurahashi.co.jp/
この企業のインターン&会社見学に応募する